先ほど、スリランカを出発しました。当初予定に入っていなかったスリランカでしたが、結果的には大正解でした。興味があって、訪問したい人のために少し情報をまとめておこうと思います。

1.Hotelの選定
私がアーユルベーダに興味を持ったのは、「サバイバル時代の健康術」という高城剛氏の書籍を知ってからです。彼は、医療の専門家ではないですが世界中で興味深い場所を発見しています。その一つとして紹介されたスリランカのアーユルベーダ。「脳をデフラグし、アイディアが湧き出るようになる」という記述に興味を持ちました。
アーユルベーダといえば、インドのケララと思っていたのですが、この書籍で初めてスリランカのアーユルベーダを知りました。結果として、検討したのは以下の4カ所。
概算金額 通訳 メモ
Berberyn Reef スリランカ 35万 あり バランス良し。リゾートを兼ねた休暇にオススメ。
Heritance Maha Gedara スリランカ 52万 不明 高城氏が一番オススメだったが、ぱっと見で高かった。
Dr.Flanklyn インド 31万 なし かなりストイックな施設。本格療養向けの人にはオススメ。
krishnatheeram インド 21万 なし 評判がイマイチ。ドクターというよりはエステティシャンがやっているらしい。お気軽な人にはオススメ。

※金額は2名2週間の滞在費(航空券を含まない)

 

2.アーユルベーダの効果
で、結果として何か良いかとがあったかというと。

 

-血圧が下がった:
これが一番の目的でしたが、ハーブの力で下がりました。(最高・最低とも20くらい)そして、薬をもらってきましたが、これを1ヶ月飲み続ければ恒常的に血圧が下がるということでした。楽しみです。血液が本当に汚い人はヒルに血を吸わせるような治療もあるようです。これは不要と言われました。
 DSC03537 DSC03552 DSC03686 DSC03954

 

-小顔効果:
30を超えて、顔がたるんできていた気がしますが、ちょっとだけ若返ったように思います。いつも写真は眠たい顔をしていますが、これは起きている感じがします。
DSC03481

 

-食習慣の見直し
スパイス・ハーブ・野菜をふんだんに使った料理が毎食供されます。これがとっても美味しく、日本に帰っても続けようという気になるようで、現地で知り合った方はみんなハーブとスパイスを買って帰っていました。(どれも100gで100円弱など、激安です)
DSC03510 DSC03260 DSC03259 DSC03600
-呼吸を感じる
ヨガもアーユルベーダの一環として良いと思いますが、ヨガ三昧の日々でした。
鼻の治療を合わせて行ったこともあり、自分の呼吸を意識するようになったと思います。
DSC03941 DSC04005 DSC04032
 

 

3.旅の予算
上にも簡単に書きましたが、ここが一番気になるところですね。
  • 滞在費は2泊で125EUR(2名1室、3食込み。雨季のため、1泊の値段で2泊分)
  • トリートメント 70EUR/人・日(診察・薬・施術などすべて含む)
  • 合計で2週間のステイで一人18万程度
  • 航空券はスリランカ航空の直行便で10万円/人程度
  • 交通費を含めて一人28万円程度
  • これはきっと確定申告で自由診療申告可能(10万程度は還付される)
重要なのは、これが高いと思うか安いと思うかです。
 見方によると思いますが参考になる金額を。
去年の国民健康保険料が30万円以上でした。そしてこれはIBMが半分負担してくれての個人負担額です。そして、去年は数回歯医者に通った程度です。お金はどこに消えているんでしょうか・・。
それから、今年は海外旅行保険に入りましたが、9ヶ月で約13万円(傷害疾病は無制限)。海外で病院行き続けて、0割負担の方が安く上がるというのはなんとも不思議です。(ただし、歯科は対象外)
こう考えるといかに日本の健康保険が高いかが際立ちます。
ちょっと国境を越えると、日本での当たり前が良くも悪くも通用しないですね。2年に1回、2週間くらいスリランカに通いたいと思いました。

 

そして、最高だったのが帰り際の一杯。ここ数年で、2週間もビールを飲まなかった期間は思い出せません。久しぶりに全身に染み渡る一杯でした。まぁ、結局これですね。
DSC04051 DSC04079 DSC04048